Air断特許取得の断熱工法

一年中リビングエアコンだけで全室快適
Air断とは

高気密高断熱住宅に疑問を持った事から全てが始まります。
同じ工法、同じ工務店が建てた2件並びの住宅。
気密性能も同じ、違ったのは断熱材。
片方は安価な断熱材で、片方は超高性能断熱材。
最終検査を行った検査員が、「どちらが超高性能断熱材を使った家なのか?さっぱりわからない。どちらも超暑い」

「何かがおかしい」
そこで断熱材の実験を開始。
明らかになったのは高性能断熱材も、安価な断熱材も差が生じない事。
そして、時間が経過すれば熱は伝わる!という事実。つまり断熱材は熱を断ってはいませんでした。
「断熱材以外の方法で断熱するには?」
家の通気層に空気を対流させ、空気の流れで熱を遮断!
新発想対流断熱は、別次元の断熱を可能にします。

結露がゼロに
Air断住宅では、胴縁部分を通気層として利用。
この通気層に常に空気を流しているため、
外壁内部に熱がこもりにくいという効果があります。
コストが下がる
Air断導入コストよりも、
導入により削減されるコストが上回るので、
トータルコストが下がります。

ホコリが圧倒的に
少なくなる
舞い上がったワタ埃をファンが吸い出すので、
室内には埃がたまりにくくなります。
生活臭がゼロに
深夜の時間帯にファンを稼働させることで、嫌な臭いを排出します。
また、玄関や収納スペースにファンを設置すると、空気の対流による消臭効果が期待できるため、消臭剤や芳香剤が不要です。

冷暖房費が下がる
エアコン1台で家中の冷暖房が行えるようになるので、
これまで居室ごとに設置・使用していた分の
冷暖房コストが削減できます。

Air断紹介MOVIE仕組みから導入メリットまで
ご案内しています。

高性能断熱材
どう違うの?