高気密の欠点

高気密状態


動画はあくまでもイメージです。
しかし、多くのユーザーの意見から、動画のような状態が起きていると考えられます。
高気密にする事で空気が動きにくくなり、暖房した暖気が同じ場所をローテーションする!

暖気と冷気が前線で対立し、暖かい場所と冷たい場所が出来てしまいます。
そして「冷気」は必ずフローリング面に広がるので、足元から冷たさを感じます。

これが高気密住宅の問題点!だと言われています。

高気密実話

超高気密住宅!の実話

超高気密住宅を建てた人のお話です。

「キッチンが寒くて寒くて、床暖房をつけてほしい」

「そんなはずはありません。Q値1.0、そして高性能断熱材、基礎断熱で覆った家ですから、そんなはずは・・・」

メーカーの点検では、施工に問題は無かった。
しかし、キッチンの床は驚くほど冷たい。

「とにかく、これじゃぁ冷たすぎて料理が出来ない…床暖房をつけてください」

場所は九州宮崎県、暖かい家を望んだお客様が選んだ超高気密高断熱!
坪あたり100万円超のハイスペック住宅。
「エアコンで十分に暖かい家」と言われたものの、キッチン床が凍えるような寒さだったそうです。

「石油、ガスファンヒーターは使いたくない!」との意見で、電気式床暖房を後付け!したそうです。

何が起きていたのか?

気密性が高まると、空気が動きにくくなります。
また、暖気と冷機は混ざりにくい性質があるので、なおさら暖かい場所と冷たい場所の差が出来ます。
キッチン床は、エアコンの暖気が届きにくい場所だった事も原因だったと思います。

気密性を高めればいい!

とは限らない事を理解しておくことが必要です。

気密が高いと!動かない。可視化


気密が高い状態と低い状態を可視化しました。
満タンと、4分の3まで水を入れたボトルで実験。
見るまでもなく、4分の3ボトルの方が激しく動いています。
$FILE1_l

家でも同じような事が起きているのだと想定しています。
「エアコンの効きが悪い!」
のは、エアコン冷暖房が動きにくい状態になっているのでは?と推測しています。