Air断の価格

Air断総コストについて


Air断のコストについての動画となります。

Air断のコストは、193万円かかります。(税別)
これは、ファンや空調設計、ウェブ表示、そしてAir断コントロールユニット全ての料金となります。
しかしAir断を導入することで必要なくなるものがありますのでトータルコストがマイナスになります。

Air断マイナスコストに関して

Air断コストに関してお伝えします。

Air断の総コストは、193万円かかります。(税別)
これは、ファンや空調設計、ウェブ表示、そしてAir断コントロールユニット全ての料金となります。

しかしAir断を採用する事で、以下が不要になります。
(※35坪前後の家として計算してあります。)
まず一般的な防蟻処理15万円相当が不要。
└Air断は防蟻対策と同等の効果があります。
加えて、床下の5年毎の防蟻剤再塗布も不要になります。
そもそも、「なぜ床下の防蟻処理が必要なのでしょうか?」
それは、床下で結露が発生し、発生した結露水が原因となり木部が腐食し、腐食した木部から臭いが発生し、その匂いを嗅ぎ分けて、害虫シロアリがやってくるからです。

では、「なぜ床下で結露が発生するのでしょうか?」
これは、夏の床下は、家の中で最も温度が低い場所だからです。
結露が発生するのは周辺よりも温度が低く、風の無い場所と決まっています。まさに床下は結露発生にピッタリの環境が整っているわけです。
そして、床下の木部に結露が発生すると、長期間乾くことなく、次第に腐食が始まります。この腐食臭をシロアリがロックオン、早ければ、住人が引っ越す前にシロアリが住み着くケースもあるようです。
住宅検査 ホームリサーチ
Air断マイナスコストに関して

住宅検査 ホームリサーチ
Air断マイナスコストに関して

住宅検査 ホームリサーチ
Air断マイナスコストに関して




Air断は、床下の湿度を感知して、自動でサーキュレーターを動かし、結露発生を抑制します。実は結露の大敵は対流なんです。
対流を発生させる事で、結露を抑制し、床下をクリーンに保ちます。
住宅検査 ホームリサーチ
Air断マイナスコストに関して


だから、5年毎の薬剤塗布が不要、必要時に必要なだけサーキュレーターを動かして、結露を抑制するのがAir断です。

一般的な薬剤塗布の場合、5年毎に15万円、30年で、90万円のランニングコストがかかります。このコストがかからなくなるのがAir断です。

次に断熱材を最も安価な断熱材に変更出来ます。
「断熱材だけは、高性能断熱材を使った方がいい」
とプロは言います。
住宅検査 ホームリサーチ
Air断マイナスコストに関して


そして、
「高性能断熱材を使えば、冷暖房費も抑えられる」
と感じる人が多いのも事実です。

最も安価な断熱材なら80万円程ですが、高性能断熱材になると200万円を超え、超高性能断熱材ともなると、300万円を超えるケースもあるようです。
高価なほど高性能に感じますが、実験ではほとんど変わりません。
(断熱材よりも、隙間なく丁寧に造る施工技術の方が、断熱性能に影響を与えます)
Air断の場合、対流によるエアーカーテンが、高い断熱性能を発揮します。
その為、最も安価な断熱材で十分過ぎる断熱性能を得られます。
安価な断熱材であれば、80万円程度に抑えられ、差額150万円程が減額になります。

次に、基礎断熱が不要になります。
床下に眠る夏涼しく、冬暖かい地盤熱を活用するので、Air断住宅では基礎断熱を必要としません。
基礎断熱を行うと50万円程アップしますが、この金額が不要になります。

次に小窓をfix窓に変更可能です。
開け閉め出来る窓には網戸も必要で、コストもかかります。
しかしAir断の場合、「窓を開けて風を入れる」必要が全くありません。
また、窓を開けても「風がなければ、空気の入れ替えは出来ません」
Air断は、床下空気の沈殿槽からくみ上げる奇麗な空気で換気を行います。
窓を開けて空気の入れ替えをする必要が無いので、虫や花粉が入りにくいのが特徴です。
小窓からfix窓に変更する事で、40万円程コストが下がります。

次に、樹脂サッシをアルミサッシに変更可能です。
一般的にアルミサッシの場合、熱を伝えやすいので、冬寒く、特に結露が大量に発生します。Air断の場合、結露発生を抑制し、壁から入り込む熱を真っ先に外に吸い出すので、アルミサッシでも寒くなりにくいのが特徴です。(寒冷地の場合、樹脂サッシを推奨します)
高価な樹脂サッシを使うと、家全体で70万円程価格がアップしますが、これが減額されます。

次に、14ミリ外壁でも効果は変わりません。
現在主流になりつつある、高価な16ミリ外壁ではなく、14ミリ安価な外壁を選ぶことで、50万円程減額になります。
ここまでのイニシャルコストトータルは345万円がマイナスになります。

さらにランニングコストが減少します。
高い断熱効果により、冷暖房費が下がります。
年間2〜3万円、30年計算すると60万円〜90万円減額になります。
そして5年毎に必要な防蟻剤再塗布、30年で計算すると90万円が減額になります。
ランニングコスト減額のトータルは150万円〜180万円となります。

Air断のトータルコスト193万円
そして、イニシャルコストとランニングコストのマイナス合計では、
495〜525万円

つまり、
Air断にしても、
トータル302万円〜332万円
マイナスになる計算です。


さらに、以下のメリットがあります。
メリット
 エアコン暖房だけで全室暖かい
 ホコリを大幅に削減
 負圧設計なので、花粉や菌をいち早く外に排出。だから空気がキレイ
 キッチン臭、玄関臭、家庭臭がほとんどしない
 結露がほとんど発生しない
 水分センサーにより、漏水個所をリアルタイムで把握
 壁体内結露の発生も抑えるので、家が長持ちします。
 家の耐久性が上がるから、耐震性も低下しません


デメリットを上げるとしたら、各部屋ファンの音がうるさい事です。
ご家庭に付いているトイレファンの音が気になる人にはお勧めできません。

以上がAir断の価格に関する情報です。
是非ご検討いただきますようお願い申し上げます。

そして、「Air断で建てたい」と思った人は、問い合わせフォームからご連絡ください。
担当者が、一般公開していない細かいデータを公開しながら、さらに詳しくご説明しています。
その後取り扱い工務店を最低でも3社ご紹介、ご一緒に協議しながら家づくりのサポートを行っています。
サポート料金は3万円です。ただし、家が出来て納得していただいたときにお支払いただく後払い方式となっています。
「不満がある、納得できない」場合、料金はいただいていません。
夢のマイホームだからこそ、納得いただけるよう各スタッフが誠心誠意対応させていただいています。