断熱材性能テスト

断熱実験-発泡スチロールの場合

動画は発泡スチロールです。
大きさは300mm×400mm
厚み30ミリを6枚重ねて、ドライヤー側から100ミリの位置に温度センサーを取り付けてあります。
(ドライヤーの熱風は「冬の冷気」と同じ”伝導”と”対流”で伝わると言われます。)

ドライヤーからは温風が出ています。
発泡スチロール表面温度は70度前後。
30分後には25度から37度まで上昇。(12度上昇)
1時間後には40.2度まで上昇(15.2度上昇)
2時間後では41.7度まで上昇しました。

断熱性能実験-スタイロフォームの場合

こちらはスタイロフォーム断熱材
熱伝導率0.036の商品です。
こちらもドライヤー側から100ミリの位置に温度センサーを取り付けてあります。
こちらは30分後には50.9度まで上昇(23度上昇)
1時間後には57.7度まで上昇
2時間後には最大60度まで上昇しました。
実験棟と同じく、伝導や対流に対する性能が低い事がわかります。

断熱実験-グラスウールの場合

こちらは10k グラスウール100ミリです。
ホームセンターで販売されている安価な断熱材です。
30分後には31.3度
1時間後には32.5度
2時間後には33.2度
圧倒的断熱性能でした。
(計測ミスを考えて2度実験しました)
様々な実験で、グラスウールがとても高い性能を発揮していましたが、こちらの実験でも同じ結果が示されました。