unique_prm_js_blog_header_comment

「上昇気流が発生してる動画を見たのですが?それでも上昇気流は発生してませんか?」




「上昇気流が発生してる動画を見たのですが?それでも上昇気流は発生してませんか?」
問い合わせがありました。

ご指摘の、上昇気流が発生しているYouTube動画も確認しました。
模型の屋根を、投光器で温めている動画でした。
ただ、動画のように、模型の屋根だけを直接温める事が出来れば、実際の家でも上昇気流が発生するかもしれません。

しかし、太陽は、広範囲を、同じように温めます。
動画のように、他の部分は温めず、目標となる屋根だけを温める事が、まず不可能だと思います。

上昇気流とは、周囲よりも温度が高い空気が上昇する事だと言われます。
太陽光が当たるエリアは、一様に温度が上がり、そこに接触した空気は上昇します。
しかし屋根内部や、壁内部は、太陽光が直接照り付ける表面よりも温度が低いので、上昇するほどの温度に達しないと思います。


もちろん、実験のように、屋根だけを直接温める事が出来れば、局部的に温度が上昇するので、上昇気流が発生すると思います。
しかし、実験動画と同じような状況が、実際の家で起きるとは思えません。

更に、日没後は、全く上昇気流が発生しません。

通気層が最も対流を必要とするのは、結露が発生する夜間です。
日没後、放射冷却の影響で屋根材が冷え、通気層内部に結露が発生した時こそ、
「上昇気流」の様な対流が必要ですが、この時、普通の家では、通気層に対流が発生する事はありません。

これが壁体内結露に直結します。

屋根材や外壁材が、放射冷却の影響で、周辺よりも温度が下がると、通気層や、構造用合板も温度を失います。
温度を失った構造用合板内部に、内部の空気が接触する事で結露。

これが、最も怖い、壁体内結露と言われています。
壁内部で結露が発生すると、その結露水は蒸発する事無く、長期間その場に存在します。これが、家を内部から破壊する「木部腐食」に繋がります。

Air断は、ファンを強制的に動かして、通気層に対流を発生させます。
冬季、室内を暖め、役目を終えた空気を通気層に送り込むことで、放射冷却で温度を失う外壁材の温度低下を抑制。
外壁温度が、下がりにくいので、結露も発生しにくくなります。

「上昇気流が、一切発生していない」とは言いません。

ただ、通気層に最も対流が必要な時に、上昇気流は発生していないと思います。
ご理解いただければ幸いです。

結露に関して!



結露に関して!

Air断愛知モデル、結露発生!
2月の結露は久しぶりでした!
反応したのは、6番と12番センサー。

これは屋根の瓦下に設置したセンサーです。
瓦下なので、どうすることもできません。
が、問題になる部分でもありません。

こちらはAir断大阪モデルの結露!
2月5、6、7、11、12日と結露が発生しています。
水分を検知したのは、全て10番センサー。
つまり、10番あたりの通気が不十分!ということになります。
同時に、近くのファンが稼働して、数時間後には反応が止まります。

しかし、Air断愛知モデルの結露は屋根材、瓦の下なので、どうすることもできません。
もちろんこれは、通常起こり得ることなので、問題ではありませんが、対流で乾かす場合と、そうでない場合の違いが分かればと思って、報告いたします。

Air断愛知モデル、2月13日、屋根瓦下の12番センサーが、10時ごろ水分を検知!
この時はすぐに乾いたようです。
しかし翌日2月14日も、前日と同じように反応。
そして翌日、2月15日、反応が大きくなりましたが、翌日には収束。
しかし、2月17日、微妙に反応し始め、2月18日は反応が大きくなり、2月19日は12番センサーに加えて、6番センサーまで反応。
20日止まったかに見えた反応が、21日再び反応…
対流が発生しないと、このように長期的に、ダラダラと反応が続きます。
これが、壁内部、屋根裏、床下だったら、木部に接触した結露水が腐食を促進。
木部の耐力が大幅に低下することで、耐震性を失う結果にも繋がります。
これが結露リスク!
大切な家を、住人が気付かないうちに、家内部から破壊する厄介な奴!
(大嫌いですが、ゴキブリの方が100倍マシ)
更に、気密を高めた最近の家では、この結露リスクが増大。
壁内部、小屋裏、床下で発生します。

こちらは、Air断愛知モデル、過去9年間に結露が発生した日です。
青ラインが、結露が発生した日です。
そして、ピンクラインは、結露リスクが高まっている日です。
2016年はこんな感じ、この年は、ピンクラインの計算を行なっていなかったので、ピンクラインは表示されていません。
こちらが2017年、ピンクライン表示開始、ほぼほぼ、ピンクラインが点灯するほど、結露が発生しやすいエリア。
青ラインもチラホラありますが、全て6番、12番センサー。
つまり屋根瓦下部分のセンサーです。
結露しても、問題ではない部分です。
次が2018年、一気に青ラインが増加!
青ラインが点灯したのは合計118日間。
1年の3分の1で、結露が発生したことになります。
台風の直撃を受けた年で、湿度が高かったことが影響したと思います。
これが、壁内部、屋根裏、床下だとしたら、最長5カ月間、水に濡れていることになり、どんな木材でも腐食します。
次が2019年、ピンクラインは年中表示され、結露リスクが高いことを示します。
青ラインも44日間点灯。
次は2020年。
ピンクラインは依然多いですが、青ラインは激減。
年間12日しか点灯しませんでした。
翌2021年も青ラインは、4日のみ点灯。
2022年は、年間2日だけ点灯。
最も少なかった年です。
2023年は、22日間点灯。
そして2024年、2月22日現在で、3日間点灯!

このように、外気湿度によって結露発生リスクは変化します。
そのリスクに合わせて、ファンを動かし、結露を抑制するのがAir断です。

Air断でない場合、年に1〜2回、小屋裏、床下を点検して、木材腐食状況を確認することをお勧めします。

「腐食してたらどーするんだ?」

「熱伝導率が低いほうが、断熱性能は高まると決まってるはずですが!」



「熱伝導率が低いほうが、断熱性能は高まると決まってるはずですが!」

とご質問がありました。
決してそうではないと思っています。
熱伝導率が低い断熱材は、熱の伝わり方が遅い断熱材です。
熱伝導率が低ければ低いほど、熱の伝わる速度が遅れます。

しかし、時には、早く伝わってほしい熱もあります。
冬の寒さは、遅く伝わるほどエコになります。
しかし、冬、外が暖かくなった場合、早く伝わったほうがエコです。

「冬、0℃から1℃に上がっても、所詮寒い温度、伝わらないほうがいい」

と言う人がいますが、それは違います。
冬、室内を暖房していて、少し寒さを感じた時に、設定温度20℃から21℃に、1℃上げる事があると思います。
この1℃と、外気温度が0℃から1℃に上昇する1℃は、同じです。
もちろん、室内を20℃から21℃に上げる1℃よりも、
家周辺を0℃から1℃に上げる1℃の方が、エネルギー的には膨大ですが、温度は同じ。
つまり、外気温度が1℃でも上昇したら、それが素早く室内に伝わる方がエコ。
エアコンはその分エコな暖房に切り替わります。


つまり、熱伝導率が低い断熱材は、冬、温度が下がる時にエコになります。
しかし、冬、温度が上昇する時にロスが発生するので、トータルで考えれば同じです。

逆に、熱伝導率が高い、安価な断熱材は、冬、温度が下がる時にロスになりますが、
冬、温度が上昇する時にエコになるので、トータルで考えれば同じ。

コストを考えると、安価な断熱材のほうが“お得”だと判断出来ます。

これが、「熱伝導率が低いほうが、断熱性能が高まる」わけではない理由だと言われています。

更に、熱伝導率が低い断熱材は、熱伝導率が高い断熱材と比べて、どれくらい遅いのか?実験しました。
こちらは、一般的な家を、35分の1にした縮尺模型です。
熱伝導率0.03のスタイロフォームと、熱伝導率0.02のネオマフォームで作りました。
室内14℃の状態から、-20℃の冷凍庫に投入すると、
熱伝導率0.03のスタイロフォームは5分後に10℃低下。
熱伝導率0.02のネオマフォームは7分後に10℃低下。

つまり、熱伝導率0.03の断熱材と、熱伝導率0.02の断熱材とでは、2分程度の差しか発生しない!
もちろん、実際の家では、外壁や、室内家具、家電などがあるので、
同じ速度にはならないと思いますが、断熱材の温度変化を知るうえでは参考になると思います。
こちらは、熱伝導率0.067、ジェル断で作った、35分の1縮尺模型です。
室内14℃の状態から、同じように-20℃の冷凍庫に投入。
10℃下がったのは、なんと、67分後でした。

更に、-1℃、氷点下まで下がった時間は、
熱伝導率0.03のスタイロフォームが7分後、
熱伝導率0.02のネオマフォームが10分後、
しかし、
熱伝導率0.067のジェル断は、683分、つまり、11時間と23分後でした。
まさに桁違い、熱が伝わる遅さは、モンスター級!
これが、「熱伝導率が低ければ、断熱性能が高い」とは言い切れない理由です。
ジェル断のように、熱を伝えにくくする工夫!
そしてAir断のように、熱の流れそのものを変えて、熱を伝えない工夫!
こそが、断熱性能に直結するトリガーだと考えています。
これらの情報がこれから家を建てる皆様のお役に立てれば幸いです。

換気扇を付けるとドアが開けにくい!は危険!



換気扇を付けるとドアが開けにくい!は危険!

換気扇を付けて、ドアが開けにくい場合は、気密性が高い証拠ではありません。
吸気が足りない証拠です。
吸気口を閉じている場合は、吸気口を開けてください。それでもドアが開けにくい場合は、吸気が全く足りていません。
吸気が足りていない場合、換気扇をどれだけ回しても排気しません。
これはかなり危険。
室内換気が全く出来ない状態。
しかし、吸気口を開けると、放射冷却によるキンキンに冷えた冷気が室内に入り込み、床面をキンキンに冷やす底冷えが発生!
ところが、吸気口を閉じても、キンキンに冷えた冷気は、吸気口伝いに室内に入り込んできます。
どうにか出来ないか?
そこで考えられたのが、特許を取得したAir断。
吸気口が床下なので、キンキンに冷える冷気の影響を受けません。
だから、極寒北海道でも、エアコンだけで暖かい!
石油ストーブ1台だけでも、全室夏のように暑い・・・

いいサッシやガラスを使った方がいいの?



「いいサッシやガラスを使った方がいいの?」
ご質問がありました。

いいサッシやガラスとは、樹脂サッシや、トリプルガラスのことを指していると思います。
「熱が逃げにくい!」
と言われますが、一得一失でもあります。

こちらは、断熱性能が悪いと言われる安価なアルミサッシです。
外気温5.7℃、2月の寒い時期、室内暖房中ですが、太陽光の影響を受けて、30.1℃まで上昇しています。冬季の室内で、熱源なしで、30.1℃の熱を発する商品は他にはありません。
しかし、違う部分を切り取ると、「断熱性能が悪い!」と言われます。

一得一失についてご説明します。
アルミサッシは、冬でも外気温度が上昇した時は、それをいち早く室内に伝えてくれる長所があります。
これが一得。
もちろん、外気温度が下がれば、それをいち早く室内に伝える短所もあります。
これが一失。
高性能サッシやトリプルガラスは、外気温度が下がっても、その温度をゆっくり室内に伝えます。
ここだけ切り取ると、「熱が逃げにくい」となり一得。
省エネのように感じますが、反対に、外気温度が上昇しても、その温度をゆっくり室内に伝えるので、一失、省エネではなくなります。

こちらは、Air断東京モデル、外気温度グラフです。
この下がっている温度と、上昇している温度を、それぞれ1ヶ月足し合わせていくと、
下がっている温度合計は、407℃。
上昇している温度合計は、424.7℃。
冬季1月でも、上昇している温度の方が多いことが分かります。
高性能サッシやガラスは、外気温度が下がっている時にメリットを発揮しますが、外気温度が上昇している時は、ゆっくり熱を伝えるので、デメリット。

反対に、アルミサッシなどは、外気温度が下がっている時、素早く下がった熱を伝えるので、デメリットですが、外気温度が上昇している時は、素早く上昇した熱を伝えるのでメリット、省エネと言えます。
つまり、上昇している温度が多い2024年1月は、アルミサッシの方がエコ!とも言えます。
こちらが、2023年12月、11月、10月、4月、3月、2月、1月、暖房を使用した期間の、外気温度が下がった温度合計と、上昇した温度合計です。

全ての期間で、上昇している温度合計の方が多いことが分かると思います。
そしてこれは、極寒北海道でも同様でした。

つまり、高価なサッシよりも、安価なアルミサッシの方が“一得”が多い!と判断することができます。
“一得”が多いのであれば、安価なアルミサッシ、ガラスの方が断然エコだと判断できます。

「上昇したとは言え、5℃や10℃は寒い熱。そんな熱は、伝わらない方がいい」
という意見がありますが、これは違います。
人からすると、5℃や10℃は寒い温度ですが、暖房しているエアコンからすると、外気温度が10℃も上昇したら、とてもエコな暖房が可能になります。

こちらのグラフは、極寒北海道のAir断モデル、2月の外気温度推移と、エアコン暖房料金のグラフです。
ちなみに、Air断北海道モデルは、断熱等級3、基礎断熱なし、断熱材は最も安価なグラスウールを使用したモデルです。

1日の外気平均温度、エアコン暖房料金です。
外気平均温度‐7.75℃の2月2日は、1日756円の暖房料金がかかりました。
しかし、外気平均温度6.01℃まで上昇した2月14日は、56%ダウンの330円しか、かかっていません。
冬季、上昇した熱をすぐに伝えることがエコな暖房に繋がる、分かりやすいグラフだと思います。
つまり、高価なサッシ、ガラスも、安価なサッシ、ガラスも、効果に差がないのであれば、安価なサッシ、ガラスの方が断然エコ!だと判断します。
ちなみに、2024年2月の暖房費は、極寒北海道では驚異の18,822円でした。
昨年より、大幅に暖房料金減額に成功しました!
理由は、断熱ではありません。
断熱性能は一切高めていません。
高めたのは気密!性能。
詳しくは別の動画で!

話を戻します。
「アルミサッシは結露することが問題」
と言う人がいますが、アルミサッシが結露するわけではありません。
結露しやすい作り方をしているから、結露しているだけだと思います。
結露しにくいサッシに取り換えたとしても、結露しやすい作り方をしていれば、サッシやガラスで結露しなくても、壁や壁内部で結露します。
さらに、アルミサッシやガラスで結露しても、拭き取れば済みます。
しかし、壁内部で発生した結露は、乾きにくく、長期間水分に接触することで、木部腐食に発展。
耐震性を下げ、危険性が高まります。
更に、壁内部で結露が発生するより、アルミサッシで結露が発生した方が、危険性は低いと言う人もいます。

また、アルミサッシを結露しにくいサッシに変えたところで、壁内部結露のリスクは変わりません。
アルミサッシを使っても、結露しにくい家の構造にすることが重要だと思っています。

もちろん、弊社の見解が、必ずしも正しいとは限りません。
参考にしていただければ嬉しいです。
ちなみにですが、Air断東京、大阪、九州モデルでは、アルミサッシを採用。
対流型ストーブを使用して、お湯を沸かしても、数人で鍋を囲んでも、過去一度も結露が発生したことはありません。
アルミサッシでも結露しない家の作り方!があることを、知っておいていただければ嬉しいです。

もちろん、樹脂サッシを使用したAir断北海道、愛知も、過去一度も結露は発生していません。
これらの情報が、これから家を建てる皆様のお役に立てれば幸いです。

圧倒的ホコリの差!理由は重力フィルター!



こちらが一般住宅。
そして、こちらが、Air断愛知モデル。
同じ空気清浄機、同じ期間、同じ家族構成!

Air断は、2段構えの重力フィルターで空気を取り入れています。
135ミリ上昇する1段目の重力フィルターで、ホコリを除去
更に2400ミリ上昇する2段めの重力フィルターでもホコリを除去して、エアコン上部の吸気口から空気を取り入れます。

その効果は圧倒的!
こちらが4年経過したAir断北海道モデルのエアコンフィルター。一度も掃除していませんが、ご覧の通り新品のよう。

更に、室内で発生する綿埃は、最低20台の換気扇が、通気層から外へ排出。
こちらは9年目となるAir断愛知モデルの通気層。ホコリも無くとてもきれい!

これらの結果が、空気清浄機のこの差となります。
「空気感が違う、清々しい」
多くの見学者が口を揃えるのは、圧倒的にホコリが少ないからだと思います。
建てるなら、是非体感してみてください!