unique_prm_js_blog_header_comment

耐震性はどう考えていますか? New!

「耐震性はどう考えていますか?」

以前のコメントも参照してください。
免震装置や減震装置に関しては?

現在の2階建木造住宅であれば、震度7級の巨大地震にも耐えられると想定しています。
長野地震や熊本地震で現地調査を行いましたが、新耐震基準で建てられた家の損傷は多くはありませんでした。
また、損傷した家は、地滑りやがけ崩れなどによる被害でした。
2000年以前に建てられた家の損傷が激しく、2000年以降に建てられた家で、損傷した家を発見することは出来ませんでした。
(弊社現地調査では)

さらに、震度7エリアに巻き込まれる可能性は、0.02%と計算されています。つまり99.98%震度7のエリアに巻き込まれない!と言えると思います。

それだけ最大震度7エリアは小さい!と言えると思います。

こちら熊本地震で、山が崩れ落ちた写真です。
古い家は総崩れしていました。
住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


こちらは、家の下で断層が発生したケース。
住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


こちらは長野地震、こちらも古い家は、総崩れしてました。
住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


しかし、震源地にも関わらず、全く損傷ない家も多数ありました。
住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


住宅検査 ホームリサーチ
耐震性はどう考えていますか?


損傷がない家は、新耐震基準で建てられた家です。
新耐震基準で建てられた家の強さが理解できると思います。

これらの現場検証から、新耐震基準で建てられる現在の家であれば、耐震性をさらに高める必要はないと判断しています。
そして、「震度7クラス」の揺れのエリアに入る確率が極めて低い事からも、新耐震基準以上の耐震性は不要だと考えています。
※あくまでも、これまでの現場調査に基づいた推測です。

「気密が高ければ、断熱性能が高まる」と聞きましたけど…

「気密が高ければ、断熱性能が高まる」と聞きましたけど…

こちらのグラフは、超超高気密な「冷蔵庫」と「クーラーボックス」の内部温度計測結果です。
超超高気密な「冷蔵庫」と「クーラーボックス」内部に温度センサーを設置して室外に放置。
内部の温度を2017年から計測しています。

こちらが1月25日、外気温度、冷蔵庫内部温度、クーラーボックス内部温度です。
住宅検査 ホームリサーチ
「気密が高ければ、断熱性能が高まる」と聞きましたけど…



そしてこちらが8月25日、外気温度、冷蔵庫内部温度、クーラーボックス内部温度です。
住宅検査 ホームリサーチ
「気密が高ければ、断熱性能が高まる」と聞きましたけど…



冷蔵庫も、クーラーボックスも、「家」と比べると比較にならないほど“超超高気密”です。
(冷蔵庫に電源は入っていません)

しかし、外気温度と同じように、内部温度が上下していますよね。
もちろん、断熱性もそれなりに高い冷蔵庫とクーラーボックスですが、外気温度の影響をまともに受けています。

つまり、気密性能を高める事で、断熱性能が高まるとは言い切れない!と判断できると思います。

※ただし、高気密を否定しているわけではありません。

2021年1月 Air断報告会 YouTubeライブ配信のお知らせ

1月のAir断報告会をYouTube ライブ配信にて行います!
今回は3つのニュースをお届けする予定です。

1.Air断冬の電気代 エアコン3台稼働で、去年とどれだけ差が出たか?
2.エアコン暖房による過乾燥は起きないの?
3.無断熱材の家、進行状況!現在のデータは?

詳細は下記をご参照頂き、ぜひともご覧頂けますようお願い申し上げます。

日時  : 2021年1月22日(金)13:00〜 
方法  : YouTube ライブ配信
      【URL】https://youtu.be/RDOr4PGzxcI
      下のQRコードから直接アクセスできます。
住宅検査 ホームリサーチ
2021年1月 Air断報告会 YouTubeライブ配信のお知らせ

「高気密の家で底冷え」多数報告

超高気密住宅C値1
超超高気密住宅C値0.5

の住宅で、「床が寒い・・・」と言ったクレームがあるそうです。

「C値1以下、隙間がないはずなのに・・・」

工務店が確認すると、確かに床面が10℃以下、底冷えが起きていたそうです。
クレーム物件の共通点は60坪以上の大きな家。
30坪と60坪の家で、同じ厚みの断熱材が使用されると、60坪の家は、30坪の家の半分の断熱性能しかありません。
逆に3坪の大きさだと、断熱性能は10倍に跳ね上がります。
建物の大きさが小さくなっても、断熱材の厚みは変化しないので、大きさに占める断熱材の割合が増加するからです。

逆に建物が大きくなると、断熱材の占める割合が減るので、断熱性能が下がります。

住宅検査 ホームリサーチ
「高気密の家で底冷え」多数報告

住宅検査 ホームリサーチ
「高気密の家で底冷え」多数報告



また、C値は単純に空気の漏れ具合を測定してるだけに過ぎません。
空気の漏れがどんなに少なくても、室内のすぐ近くまで、冷気や熱気は迫りきています。
迫りくる冷気や熱気を、気密シートで防ぐことは出来ません。
これが、気密性と断熱性能が直結しない基本原理だと言われています。
もちろん、隙間は少ない方が良い事は間違いではありません。
しかし、隙間が少ない=断熱性能が高い!ではない事を理解しておく必要があります。

「アトピーが治るんですか?」

「アトピーが治るんですか?」

治りません。
”花粉症が緩和された!”
とか
”アトピーの症状が出なくなった!”
などの報告はありますが、Air断が起因しているとは判断出来ません。

「乾燥肌なんですが・・・」

エアコン暖房は、一切加湿しないので、加湿器を併用するか、石油やガスファンヒーターを使用すると良いと思います。
ただし、加湿器に関しては、大型加湿器を推奨します。
大量の換気を行うので、加湿器も大型が必要です。
(室内を加湿すると、衣類などが水分を含み、カビなどの原因に繋がります。極度の加湿は避けて、保湿クリームなどで対応する事も良いかと思います。)

「常に湿度60%以上無いと、喉の調子が悪くなるのですが・・・」

現状のAir断では対応不可能です。
冬場の暖房を、石油やガスファンヒーターに切り替えて、加湿器で加湿しても、常に60%以上の湿度を確保するのは困難だと思います。

Q&A

Q
「冬はエアコンを付けなくても、室温が高いのか?夏は低いのか?」

A
「エアコンを付けなければ、冬は下がり、夏は上がります。」
 夏は、
 “ギり、冷房なしでも乗り切れる”
 と言う人がいますが、弊社は無理だと思います。
 しかし冬は、暖房が必須です。
 (25℃を適温とすると、夏は上昇してもプラス15℃程度。
  冬は0℃以下になるケースを想定すると、-25℃下がります。
  夏はギリ我慢出来ても、25℃差の冬は我慢出来ません)
 夏も冬も、冷暖房は必要です。
 ただし、一般住宅よりも夏の温度が上がりにくく、冬の温度が下がりにくい特徴があります。

Q
「Air断が停止した場合、Air断の付いていない家と比べると、換気が悪くなるのか?停止した場合そのままで良いのか?」

A
「Air断は24時間換気を兼ねます。なので、Air断が動かなければ、他の家より換気が悪くなると思います。また停止した場合は、施工した工務店にご相談下さい。すぐに復旧作業に入ります。」

Q
「Air断が壊れた場合交換できるのか?その時の費用は」

A
「引き渡し後5年は無償交換となります。保証延長料金3万円をお支払いいただければさらに10年間無償交換を延長しています。」(トータル15年)
それ以降壊れた場合は、壊れた部分の交換となります。
現時点で、壊れたケースはありません。ただし、落雷で壊れたケースはあります。この場合、火災保険で全額保証されます。

Q
「湿度はどうなるのか?」

A
エアコン暖房の場合、室内の空気を繰り返し暖めます。
これにより室内はカラカラに乾燥するそうです。
一般的なエアコン暖房の場合、1時間に1000㎥の空気を循環させながら暖めます。
Air断は、計算上1時間に1200㎥の空気を入れ替えるので、乾燥させる事なく循環させるのが特徴です。

Q
「花粉症ですが、花粉はたくさん入って来るのか?」

A
花粉が“入り込む”“入り込まない”は、環境によって変わると思います。
Air断は、クリーンルームなどと同じ負圧設計なので、入り込んだゴミ、花粉、菌などをいち早く外に排出するのが特徴です。
しかし、近くに大量の花粉が発生する環境の場合、やはり入り込んでくると思います。
「着床する前に、外に吸い出す」
と言っても、大量の花粉には対応できないかもしれません。
近くで大量に花粉が発生するような環境の場合、Air断は不向きだと思います。