頻繁に起きてる結露

結露の実態

住宅検査 ホームリサーチ
結露の実態

ピンクが結露リスクの高まった日です。
上半期で102日間、結露リスク日がありました。
もちろん結露を回避するために、それぞれ適所のファンが動いて回避しています。
住宅検査 ホームリサーチ
結露の実態


水色は、実際に結露した日を示しています。
データから、屋根に取り付けた水分センサーが水分を検知していることが分かります。

この部分は結露しても問題無い部分ですが、実際に瓦の下でどれくらいの結露が、どれだけの期間続くか!を示したグラフは国内でも初だと思います。

詳しいデータはこちらをご覧ください。
(パスワードが必要です。)

床下で結露、そして青カビ

床下に大量の結露!そしてカビ

新築直後の床下湿度は、常に90%以上でした。
床下ファンが頻繁に動いていました。
2年目に入ると、床下湿度は下がりました。(コンクリート水分が抜けたと思っていました。)
3年目は床下湿度が50%以下になり、床下ファンもあまり動かなくなっていました。
そんな3年目の7月、オーナーが異臭に気付き、床下を確認すると一面結露していました!

このときの床下湿度は45%以下!
決して結露するような湿度ではありません。
床下の温度と湿度から露点計算しても、結露しない温度と湿度でした。

ところが、外気温湿度と床下温湿度で再計算すると、露点をはるかに超えた結露状態。
床下は結露することで湿度が下がった状態でした。
(床下湿度だけで露点を判断しては駄目でした)

この結果から、床下湿度で判断するのではなく、全てのセンサー値から露点計算するプログラムに変更しました。

またこの頃、タンスの裏に青カビが発生。
床下に発生した結露水の上を通って、室内に取り込まれた空気は大量の湿気を帯びていたのだと思います。
更に、オーナー自ら、床下ファンの動きを「あまり動かない」設定に変更していたことも、結露につながった原因でした。
3年目に入り、床下コンクリートの水分も抜けきったと判断して、「あまり動かない」設定に変更したほうです。太陽光発電によるゼロエネルギーを目指していたらしく、少しでも電力をカットすることに注力した結果でした。

床下ファンは30wh程度です。1日8時間動いた場合でも1ヶ月190円程度。

逆に、タンスの買い替えやカビの除去費用に数万円かかったことを考えると、ファンを動かした方がはるかに安いと思います。
(シロアリ被害につながるリスクもあります。床下ファンは頻繁に動くように設定して下さい)
海に近い物件で、湿度が高いことも結露の原因だったと思います。

追伸:
床下ファンは、結露が発生する前に動き出す設定になっています。
変更する場合は、取扱工務店にご相談くささい。

屋根瓦の結露

結露に関して!

結露センサーのデータから、
21時〜7時までの10時間に結露が集中していることがわかります。
この結露している部分は、屋根瓦の下に設置したセンサーです。
屋根瓦が結露して、その下に設置したセンサーが反応しています。
住宅検査 ホームリサーチ
屋根瓦の結露


住宅検査 ホームリサーチ
屋根瓦の結露


住宅検査 ホームリサーチ
屋根瓦の結露


住宅検査 ホームリサーチ
屋根瓦の結露


住宅検査 ホームリサーチ
屋根瓦の結露


屋根には11箇所のセンサーが設置してあります。
屋根瓦は頻繁に結露を起こし、大量の結露水が屋根防水シートの上に流れ落ちていると推測出来ます。
弊社が”屋根防水紙のタッカー処理”を細かく指摘するのは、この結露水によるサビを警戒しているからです。
2016年台風16合が去った9月25日は、大量の結露が発生しました。
$FILE6_l

この日は朝から晴れ。
気温の上昇で結露が発生したと推測しています。
上記の結露とは対象的に、太陽が出てる間の結露です。
このように、様々な条件で結露は発生しています。

結露センサーは、通気層にも20箇所以上設置してありますが、現在のところ一度もセンサーは反応していません。
全て屋根瓦下のセンサーだけが反応しています。