その他

24時間換気に関して

24時間換気に関して

「10年後ホームリサーチが倒産したら、どうやってAir断を直せば良いのでしょうか?Air断が、24時間換気として機能しなくなったら、シックハウス症候群になる可能性も出てきますよね」

ご質問がありましたのでお答えします。

まずシックハウスに関しては、10年が目途になります。
家に使用される建材から発生する”ホルムアルデヒド”などの揮発物質は、2〜5年でゼロになると言われています。
10年換気すれば、家で使用された建材が原因で”シックハウス症候群”になる事は無いと考えられています。
ただし、住まい手が新たに持ち込んだ家具、その他の商品に、”ホルムアルデヒド”等の有害物質を含む商品が含まれている事があります。
これらを考えて、24時間換気を動かす事を推奨しています。
仮に10年後、Air断が故障して動かなくなったとしても、(通常換気ファンの寿命が10年前後です)作り手側に、シックハウスに関する責任は無いと判断されます。




ホームリサーチが倒産した場合、Air断の取り換えは出来なくなるかもしれません。
しかし、販売店や取り扱い加盟店が多数あり、資本注入や買収などで、倒産を回避する可能性が極めて高いと判断しています。
また、Air断は、稼働部品が少ないパーツの集合体です。非常に壊れにくいと判断しています。
(在庫も多数そろえてあるので、販売店や取扱店が修理や取り換えに対応してくれると判断しています)
故意、落雷、自然災害などによる故障以外は、5年間の保証を行っています。
別途保証料をお支払いいただければ、落雷、自然災害時にも保証対象となる10年保証をお付けする事も可能です。

カビに関して

シューズクローゼット内のカビに関して。

Air断住宅で、「シューズクローゼット内の革の靴がカビた」と報告がありました。
クローゼット内の、コートなどでもカビの報告がありましたが、これは使用者側の問題だと判断しています。
靴の場合、良く乾かしてからシューズクローゼットに入れないと、カビの原因になります。
また、コートなども、長期間クローゼットにかけておく場合、一度クリーニングに出してからクローゼットにかけた方が良いと思います。

Air断の「食パン」実験でもわかるように、カビの発生が遅れるだけであって、カビが発生しないわけではありません。
特に、湿度が高い沿岸部などでは、いくらAir断住宅であっても、使用者環境によりカビが発生します。
脱衣所で部屋干しする場合など、脱衣所にある衣類ケース、タンスなどの裏側でカビが発生したケースがあります。
(高価な桐のタンスなどの方がカビやすいと言われます)

Air断だからカビない!わけではない事をご理解ください。

高気密高断熱だからなのでは?

「モデルハウスが高気密高断熱で作られているから、データが良いのではないか?」
とご質問がありました。

ここで、愛知県知多郡モデルハウスの断熱材気密性能をご報告します。

断熱材はグラスウール10K相当。
気密シート無し。

超低気密、超低断熱住宅です。