その他

同時吸排気型換気扇

「Air断は高気密住宅だから、同時吸排気型レンジフードの方が良いのでは?」
と質問を受けました。

高気密住宅の場合、レンジフード(キッチン換気扇)を動かすと、24時間換気の吸気口から、大量の空気が入り込みます。
特に冬場は冷気が直接入り込み、室内温度が一気に低下します。
24時間換気のような、2時間に1回程度の比較的ゆっくりした換気であれば、さほど寒さを感じる事はありません。
しかし、レンジフードのような強力な換気扇の場合、24時間換気の6倍以上の排気能力があります。
つまり、24時間換気の6倍以上外気を吸い込んでしまいます。
これが、「レンジフードを動かすと一気に寒くなる」ゆえんです。

また、レンジフードの強力な排気により、ドアの開け閉めが困難になったりもします。(低学年のお子様では、玄関ドアを開けられないほど)
これを緩和するのが「同時吸排気型レンジフード(キッチン換気扇)」です。
レンジフードから吸気と排気を行う事で、24時間換気吸気口などから、直接冷たい冷気が入り込むのを抑制します。
吸気では、キッチンで発生した熱を潜り抜けて外気が入り込むので、暖かい空気が入り込む!と言われています。(逆に夏は暑い空気が入り込んでくるので、逆効果になります)

しかし、Air断住宅の場合、通常のレンジフードを常時運転しても、吸気口は、床下、天井を通って、天井吸気口から入り込みます。
気密住宅で、圧倒的負圧設計ですが、大量の空気が入り込む設計でもあるので、レンジフードを稼働させてもあまり問題はありません。
「冬レンジフードを稼働させると肌寒く感じる」と言った報告は受けていませんし、温度データも全く変化していません。
また、一般的な高気密住宅による「ドアの開閉がしにくい」問題も発生していません。
負圧設計でありながら、大量の空気が入り込む設計なので、ドアの開閉も一般住宅と変わりません。

Air断の吸気は、
1.通気パッキン 
2.床下
3.通気壁
4.1階天井フトコロ
5.天井ガラリ
6.リビング室内
と入り込む対流デザインを基本としています。
逆に「同時吸排気型換気扇」を使用する方が問題が発生すると考えます。

寒冷地versionエアーカーテン

ご質問がありましたのでお答えします。
「エアーカーテンは不要では?」
と言った声がありました。
エアーカーテンに関しては、「Air断の弱点を克服」をご覧ください



エアーカーテンは、温暖な地域では不要だと思います。
しかし、寒冷地特に北海道では、玄関の開け閉め時に大量の冷気が入り込みます。
その為、玄関の外に風除室を設けます。
北海道ともなると、半数近くの家が、玄関の外に風除室を設けます。
玄関の開け閉め時に入り込む冷気を緩和するためのものです。
この風除室は、簡単な物でも4,50万円かかると言われます。
しかも、冬以外は全く不要で、夏は熱がこもり、蒸し風呂状態になるそうです。

この風除室の代りになるのが、エアーカーテンです。
エアーカーテンは2万円程しかかかりませんし、春、秋は運転を停止させる事も可能。
ドアの開閉と共に入り込む虫などを、大幅に撃退する事も可能です。
もちろん冷暖房した空気を外に出さない、外部からの空気を室内に入れないのもエアーカーテンの特徴です。

追伸:温暖な地域でも、「虫の多い」地域では需要があると思います。
虫の多い夏から秋にかけてエアーカーテンが作動するようにすれば、小さな虫の大半をブロック可能だと思います。

Air断新機能

Air断新機能
弱点を克服!

Air断は強力な負圧設計により、空気を床下から吸い込んでいます。
吸気経路は
1.通気パッキン 
2.床下
3.建物中央通気壁
4.1階天井フトコロ
5.天井ガラリ
6.リビング室内
へと入り込む対流デザインを基本としています。
この為、ドアの開閉時には、この対流デザインが崩れ、開けたドアから大量の空気を取り入れてしまいます。

「ドアの開閉は出来る限り素早くお願いします」

これが唯一の欠点と言われていました。
この欠点を克服したのが、Air断新バージョンです。
特徴は、
ドアを開けると同時に、全てのファンを停止!
 ドアから入り込んでいた外気をブロック。
ドアが閉まると、すぐに全てのファンがプログラム通りに動き始めます。

冷暖房時のドアの開け閉めによる外気の入り込みを大幅に軽減。

さらに、エアーカーテンを取り付ければ、ドア開閉時の外気の入り込みを極限にまで軽減出来ます。
また、エアーカーテンの風圧により、小さな虫の侵入も軽減可能。
詳しくは動画をご覧ください。


新機能に関しては、7月以降Air断出荷物件で対応しています。
(以前に出荷したAir断には追加できません)