リフォームAir断

「ハウスメーカーで建てた家をAir断リフォームしたい」

「ハウスメーカーで建てた家をAir断リフォームしたい」
とご質問がありました。

Air断リフォームの場合の条件として、
1.在来壁工法
2.通気工法(通気ドウブチもしくはひっかけ金物サイディング)
である事が必要です。

2×4工法の場合、1階天井で通気を取る事が難しく、何らかの対策が必要になります。
平屋の場合も、天井断熱のやり直しが必要になります。
※正規取り扱い工務店にご相談下さい。何らかの対処で可能になるケースがあります。

またハウスメーカーの場合、他社でリフォームすると、保証が切れる可能性があります。

もちろん大掛かりなスケルトンリフォームであれば、ほとんどのリフォームは可能になりますが、最安値リフォームを考えるならば、上記条件が必須です。

Air断リフォーム

「こんなに暖かいならリフォームする」

Air断正規販売店の「ホームリサーチ岐阜 作山社長」自ら、自宅をリフォームする事を決断。
しかし、作山社長の自宅は12年前に在来工法で新築した家。
Air断が推奨する”壁工法”ではありませんでした。

「性能を担保出来ないのでお断りします」

と伝えましたが、

「性能出なくてもいい、悪い例も実証する事が必要。それに、万が一暖かかったら嬉しいし。とにかく今は、毎月1万円の灯油料金使っても寒すぎる家、少しでも暖かければ・・・」

との意見で、2019年10月にAir断リフォームを行いました。


リフォーム前
冬は石油ファンヒーター毎月1万円の燃料費
エアコン暖房では間に合わないので、エアコンは使用せず。
リビングはそれなりに暖かいが、脱衣所は6度。とにかく寒い。
暖房を入れてない部屋は、10度以下、寒すぎる・・・。


リフォーム後
石油ファンヒーターは使用せず
エアコン暖房だけで家中快適温度。
奥様は室内をTシャツ。
エアコンは24度設定。

正月帰省した息子さんが、「なんて暑い家なんだ、凄すぎる・・・」と言って驚き。
奥様が、「この時期外に干しても乾かない洗濯物が、室内であっと言う間に乾燥、凄い・・・」
作山社長が、「Air断無しでは生活出来ないほど、これマジで凄い
       ホコリの量が圧倒的に違う。
       臭いが無いのに驚く。
       暖かいではなく、暑いぐらい。エアコン24度設定で、こんなに暑くなるとは思ってなかった。
       電気代は7000アップしたけど、灯油を使わないので3000円安くなってる。そして何より全室暖かいのが凄すぎる。
       そして灯油を買いに行く手間、入れる手間が無いのがたまらなくいい。
       これは広めないともったいない」


と語ってくれました。
予想以上の効果に驚いています。
ただ、作山邸は、防水シートに”遮熱断熱シート”を施工してあります。住宅検査 ホームリサーチ
Air断リフォーム


このシートが気密性を高め、結果Air断効果が高まったと考えています。
(写真は12年前の外部検査写真です。銀色のシートが遮熱断熱シートです。このシートが断熱性を高め、冬も暖かい!と説明を受け、このシートを施工。しかし、夏は暑くて、冬はオゾマシク寒かったそうです。ちなみに、編集者の我が家も、この遮熱シートを使用しました。夏は、オゾマシク暑く、冬はコートが脱げないほど寒い家です。嫁いだ娘たちが、「実家の寒さは尋常ではない」とつぶやくほどです。作山邸のリフォーム談を聞き、我が家もリフォームする事にしました)
通常の在来工法の場合、”透湿防水シート”だけの施工なので、気密性が低く、効果が得られないと判断しています。

Air断リフォーム物件

リフォームAir断

Air断リフォーム後10日経過。
2017年エアコン不使用状態の室内温度がこちら
住宅検査 ホームリサーチ
Air断リフォーム物件


1階室内最高温度は、40.4度まで上昇
2018年エアコン不使用状態の室内温度がこちら
住宅検査 ホームリサーチ
Air断リフォーム物件


昨年と同じ状態で、1階室内最高温度は35度
昨年の温度よりも5.4度下がっています。

(お盆帰省中のため不在。エアコン未使用状態の同一条件で比較してあります)
エアコンが無い室内では、窓を開けず空気の入れ替えを行わない場合40度を超える高温になります。

同じ条件下でも、空気を循環させる”Air断”では、35度までしか上昇していません。
リフォームした住宅は、1993年新築物件。木造在来2階建て築25年。

※サッシ、ガラスなどは一切変更してません。
※Air断リフォームオンリー。
※古い物件でも、Air断の効果があることがわかりました。
※クローゼットのニオイがほとんど消えていました。

今後は冬のデータを検証してお伝えします。